日本語の「いろは歌」の中に等距離文字列の暗号が隠されている。


戦後補償の日独比較
ドイツはユダヤ人虐殺以外の戦時賠償をまだ完了しておらず、 まだこれからの段階。日本は北朝鮮以外のすべての関係国と 講和条約、平和条約を結び、正式に国家賠償が完了している。

ユダヤ人を救った樋口少将(上)
ユダヤ人を救った樋口少将(下)
「偉大なる人道主義者、ゼネラル・樋口」とあり、その次に樋口の部下であった安江仙江大佐の名が刻まれている。
樋口季一郎少将−6千人のユダヤ人を救ってイスラエル 政府から「諸国民の中の正義の人賞」を授けられたた
外交官・杉 原千畝氏(本講座21号で紹介)とともに、日本人とユダヤ人との浅からぬ縁を語る上で、不可欠の人物である。

あるユダヤ人から杉原千畝へ
あの時代、突然に、ユダヤ人は西欧文化から放り出され ようとしていました。その文化を創り出すのに、ユダヤ人 が力になっていたというのに---。そして同時に、お前た ちは余所者だ、と非難されました。ユダヤ人は破壊的な余 所者で、強欲で、好色で、社会から一番いいところをもら うばかりで、何の貢献もしないといわれました。

命のビザ
1940年(昭和15年)7月27日朝、バルト海沿岸の小国リトア ニアの日本領事館に勤務していた杉原千畝(ちうね)領事は、いつ もとは違って、外がやけに騒がしいのに気がついた。窓の外を見る と、建物の回りをびっしりと黒い人の群れが埋め尽くしている。

「メシアニック・イスラエル」
このホームページは必ずしもその議論をするために設定されている訳ではありませんが、私は、イスラエルの失われた部族が過去に於て日本に来ていたとしても何の不思議もないと考えています。実際そうではないかとみられる証拠は枚挙に暇がないからです。

伊勢神宮との類似
、「日ユ同祖論者」によってよく持ち出される代表的な「日本とヘブライの共通点」

失われたイスラエル10支族の謎
「イスラエル民族」とは厳密には「12支族で構成された連合集団」を指しており、そのうちの1支族である「ユダ族」を中心とした末裔が後に「ユダヤ人」と呼ばれるようになったのである。


アダムからイエスまでの血統図



ユダヤ最高名誉に輝いた知られざる日本人たち
ユダヤには古くから『ゴールデン・ブック(金欄簿)』と『シルバー・ブック(銀欄簿)』の2種類のブックがあって、前者のブックには同族(ユダヤ人)の出身で世界的に傑出した人物の名を代々登録し、後者のブックにはユダヤのために貢献した第三国(ユダヤ人以外の人々)の名をそれぞれ登録して、その功績を永遠に顕彰するというのである。

ユダヤ難民を保護した日本
入国ビザなしに上陸できたのは世界で唯一、上海の共同租界、日本海軍の警備する虹口(ホンキュー)地区だけだった。
海軍大佐の犬塚惟重(いぬづか これしげ)は、日本人学校校舎をユダヤ難民の宿舎にあてるなど、ユダヤ人の保護に奔走した。


日猶同祖論
日本人=ユダヤ人であるという日猶同祖論を酒井勝軍が唱える。
もっと古いのは1890年来日したドイツの医学者であり博物学者エンゲルベルト・ケンペルが「日本誌」のなかで、それに1823年来日したシーボルトも著書「日本」で。

日本人は実はユダヤ人で、古代ユダヤの「失われた十支族」の末裔だと言うものがあります。つまり、日本人とユダヤ(猶太)人はルーツを共有する民族だと言う説で、世に「日猶同祖論」と呼ばれています。なぜ、こんな突飛な説が出るのかと言うと、幾つかの傍証があるからなのです。


聖徳太子が封印した日本の優れた古代文化

聖徳太子が封印したヲシテ文献の呪縛を解き、日本の国の礎を築いた先達たちの業績、及び世界でも   希有な日本の優れた古代文化を後世に伝えることは、我々、現代の日本人に課せられた責務である。