朝鮮日報の警鐘
中国の近代を切り開いた革命家・孫文が1924年、日本で行った演説にこのような文言が登場する。「中国は王道によって彼らを感化し、感動した彼らは(中国に)朝貢した」。この「彼ら」という単語は、韓国を含む周辺国を指す。「彼ら」が自ら中国を崇拝し、中国の属国になろうとしたというのだ。このとき、日本の植民地になっていた韓国のある新聞社の特派員は「なぜ韓国の独立には言及しないのか」と尋ねた。それに対し孫文は「日本でその問題を取り上げたくはない」と冷たくあしらった。日本は当時「大アジア主義」を主張する孫文の後援者の役割を果たしていた。
 それから90年後、中国の指導者の歴史認識は大きく変わったようだ。中国の習近平国家主席は「壬辰倭乱(じんしんわらん、文禄・慶長の役)が起こったとき、(中国と朝鮮の)両国民は敵がい心を抱き、肩を並べて戦場に向かった」と演説した。「肩を並べ」という文言が印象的だ。孫文の演説は韓国人を怒らせた一方、習主席の演説は韓国人を喜ばせたが、歴史をひも解けばまた違った気分になる。
 習主席が「肩を並べて戦場に向かった」と表現した壬辰倭乱の当時、朝鮮国王の中国観を象徴する事件が「乞内附波動」だ。「内附」とは、ある国がほかの国の中にすがりついているという意味だ。国民と国土を見捨て、中国に服属することを要請したのだ。それでも中国は、開戦当初には日本と朝鮮が結託しているのではないかと疑った。朝鮮国王は誠意を尽くして懇願したが、中国は朝鮮を日本と同じ「夷(野蛮人)」の一部と見なしていたのだ。明の派兵は朝鮮のためではなく、戦場が遼東半島にまで拡大するのを懸念し、苦肉の策として決断したものだった。中国は琉球王国(現在の沖縄)を通じ、日本の目標が中国の侵略であることを、朝鮮よりも先に把握していた。 朝鮮領内に進入した明軍についての記録は悲惨なものだった。一国の宰相である領議政が、兵糧を適宜提供できなかったとして、明の将軍・李如松にひざまずいて謝罪させられた。餓死した人々の遺体が道を埋め尽くしているころだった。領議政の柳成竜(ユ・ソンリョン)は「国内がこのような状況に陥っていることを思うと、知らず知らずのうちに涙が出てくる」と記録した。習主席が韓中両国の「戦友愛」の象徴のように表現した明の将軍・陳リンについても、柳成竜はこうつづっていた。「あの軍師が(朝鮮の官僚の)首をひもで縛って連行し、顔面を血まみれにした。止めようとしても全く聞かなかった。陳リンと戦友愛を分かち合ったという李舜臣(イ・スンシン)も明軍に対し「人命と財産を奪った末、百姓(平民)が押し掛けてくるといううわさを聞いただけで逃亡した」と記録した。「明軍が連行した朝鮮の女性は数万人に達し、平民の間では『倭敵(日本)は目の粗い櫛(くし)、明軍はすき櫛だ』という話も出た」とつづった歴史書もある。日本の略奪は残りかすが出るが、明軍はきれいに持ち去ってしまうという意味だ。朝鮮の国王や宰相、平民の誰もが、中国と「肩を並べて戦場に」などと思ってはいなかった。
 もちろん、中国がいなければ、朝鮮は滅びていたことだろう。そのため朝鮮は「再造之恩(滅びそうになったときに救ってくれた恩恵)」という旗印の下、明が滅びた後も中国を何百年も崇拝し続け、ついに自国まで失ってしまった。わずか100年前のことだ。
 韓国人は日本に対し、しつこく過去を問いただそうとするが、中国に対しては寛大だ。中国の侵略の歴史を北方の野蛮人だけに限定し、漢民族は韓国の仲間と見なす「小中華思想」が残っているからだという見方もある。とりわけ米国と日本ではこのような韓国観が広がっているということに留意すべきだ。
 21世紀の中国の華夷秩序の下、韓国の地位はどうなっているのだろうか。依然として「夷」であるならば、韓国は今、中国と米国・日本の対立という大きな構図の中で、中国の伝統的な「夷を以て夷を制す」戦略に乗せられていることになる。