【三国遺事】での古朝鮮は、漢字で見出し7字、本文352字、割註を合わせても440字の短文である。

昔、天帝の桓因(ファニン)の庶子に桓雄(ファヌン)という神がいた。桓雄はいつも地上の人間界に思いをはせていたが、それはいつしか父の桓因にも通じていた。桓因は天から地上の三符印を三個授けて、天降って人間界を治めてみよと命じた。
桓雄は三千の供を率い、太伯山の頂きに祭ってあった神壇樹という神木の下に天降り、そこを神市と名づけた。それで桓雄を桓雄天王ともいうようになった。
桓雄は風伯(風を司る神)と雨師(雨を司る神)と雲師(雲を司る神)の三神をしたがえて、穀物、命、病、刑、善悪など人間に関する三百六十余事を司り、人間界を治め、教化につとめた。
その時、一頭の熊と一頭の虎が同じ洞窟のなかに住んでいて、常々桓雄に祈願していた。自分達をどうか人間の姿にしてほしいと願ったのであった。桓雄は「彼等のたっての願いを聞きいれて」、霊艾(もぐさ)一束と蒜(にんにく)二十個を与えながら言った。「これを食べながら、百日間、日光をさけてこもれ。さすれば人間になれるであろう」
神のお告げを聞いて熊と虎は、さっそくこもった。それから二十一日目に熊は女の姿に変ったが、耐えられなかった虎は人間の姿にはなれなかった。女の姿になった熊女は神壇樹の下に詣でて、「女の姿になったものの、夫になるものがいないので、子が生まれません。どうか神さま、子を授けて下さい」と熱心に祈るのであった。
その願いを聞いた桓雄は、瞬時に変身して熊女と情を交し、男の子が生まれた。その子を檀(壇の字も使う)君王検(ダングンワンクウォム)と名づけた。

『巻一 紀異第一』
 第十七代、那密王即位三十六年(西暦390年)に、倭王の使者が来朝して「わが王が大王の神聖であられることを聞いて、臣に、百済の罪を大王にあげるようにといわれました。願わくば大王の王子お一人をつかわせて、わが君に誠意を御示しくださいませんか」といった。そこで王は三男の美海を送った。美海の年は十歳で、言葉や動作も未熟であったので、内臣の朴娑覧を副使として付き添わせた。倭王は彼らを抑留し三十年も帰さなかった。・・・・・・・・・・・愛する息子を倭に送り、逢えないままに世を去られた。いままた私が即位してから、隣国の兵力が強大で、戦争が止まない。・・・
一然 著
金思火華


朝鮮の文献で「三国史記」が「日本書紀」なら「三国遺事」は「古事記」に当たる文献。
ただし、日本書紀が8世紀に対し三国史記は12世紀、三国遺事は13世紀に編纂されたものである。上記の文献などから当時の倭国の軍事力は相当のものであり、任那日本府も全く捏造とはいえない。逆に韓国の捏造国定教科書には新羅や百済が日本(倭国)に人質を送っていた記事などまったくない。韓国の歴史歪曲教育が日韓関係の悪化につながっていることは否定できない。韓国人はろくに自国の文献も読まない(読めない)人が殆どである。